<< 防災一口メモ | main | 子ども用防災ヘルメット >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

秦野の町(1)

 秦野の町にについて少しづつ日頃感じていることを書いてみたいと思います。
私は、秦野に30年前に移り住みました(どこかのコマーシャルではないですが、その頃は私のなかでは企業戦士として24時間働くことが普通でした。それが今も役に立っています。)
そのとき驚いたのは、お祭りの時に神社の氏子が住んでいる区画を囲むように、しめ縄を張っていたのです。神社の氏子でない家のところは空間を設けてその次からしめ縄を張っていました。
今までそのようなことを見たことがなかったのですごいことをしているなあと感じました。それが今もどこの町内でも続いています。
このようなはだのことを今も行っているところは他にもあるのでしょうか。
このように昔からの行事を大切にしている町に私は住んでいます。
hadano-man

at 07:46, hadanoーman, 日記

comments(3), trackbacks(0), pookmark

スポンサーサイト

at 07:46, スポンサードリンク, -

-, -, pookmark

comment
-, 2011/08/30 5:02 PM

管理者の承認待ちコメントです。

-, 2011/02/25 11:48 PM

管理者の承認待ちコメントです。

vegeeater, 2009/12/16 3:51 PM

コメント Hadano-manさん、こんにちは。地方には色々な風習がありますね。私の住んでいる、横浜・青葉区のこと。この時期になると近くの神社の巫女さんが、新年のお札も持って来ます。「あれ?頼んだ覚えないけど変だな」と思っていたら、セールストークでした。
新年のお札はいかがですか?とは言わないらしい。「我が家では結構です。ご苦労様でした」と丁重にお断りしました。










trackback
url:http://tp-hadano.jugem.jp/trackback/11